Rin

版画の会、Rinのおしらせと活動日記。 版画教室の情報も随時更新中です。
>
無題ドキュメント

                  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日、無事、第一回版画教室が終了いたしました。
今日の模様は、後日改めてちゃんとお知らせしようと思いますが、取り急ぎ、ご報告まで。
rin5_24

今回は、参加人数5名さまと規定数の半分の人数でしたが、復活第一弾としては、ゆったり、楽しめる人数で良かったのではないかな、と思います。
初めて版画をされる方が多かったですが、皆さん、とても素敵な作品を作られ、楽しく、版画教室が出来ました。参加頂いた皆さん、ありがとうございました。

次回、7月のお教室でも今回と同じ内容で開催されます。こちらもまだ予約には空きがございます。興味をお持ちの方、是非是非、ご検討下さいませ。
ということで、初回担当、山路でした。お越しの皆様、本当にありがとうございました
スポンサーサイト
こんばんは、凛の会の森です。今日はもう一回投稿します。ドライポイントの
作品紹介です。今回は凛の会のメンバーの山路絵子さんの作品です。

yama_0805_1.jpg


yama_0805_2.jpg


yama_0805_3.jpg


銅版画っていうとモノクロとかセピア調のイメージの人もいるかもしれませんが、
山路さんの作品はものすごく色鮮やか。こんな楽しげな色合いの作品を
製作することが出来ます。凛の会のワークショップでもカラーの銅版画インクを
用意しますので、カラーの絵の具も使ってみて下さいね。
こんばんは、凛の会の森です。今日もドライポイントの作品をご紹介しますね。
今回は恥ずかしながら私の作品です。普段エッチングやアクアチントなど
腐蝕液を使った銅版画を製作していまして、ドライポイントを制作するのは
初めてでした。

mori_0805.jpg


こちらは前に凛の会のワークショップの時に、時間があったのでちょこっと遊びで
製作したものです。それまで私はドライポイントっていうと、大胆で太い線に
なるものだと思い込んでいたのですが、製作してみると以外にも繊細な表現も
出来ることが解りました。私の普段のタッチは、もう少し硬質なのですが
ドライポイントの優しい線もいいなあと思いました。

こんばんは。初回担当の山路です

版画教室初回まであと3日と、日にちは近づいて参りました。
教える講師陣も、実はいらっしゃる方とおんなじくらいドキドキしてたりしてますが。

ここで、直前ではありますが、現在のお申し込み状況などを。
実は、初回分の参加人数にはまだ空きがございます。

今からお申し込みいただいても、十分間に合います。
もし、ちょっと気になってるんだけど。。。なんていう方がいらっしゃいましたら、
是非是非22日お振込みを目安にお考え下さい。

通常、人数が多い場合、刷りの順番待ち、なんて事になりがちで、もう少し
刷りたかったなぁ、、、という感じでお帰りになることが多いのですが、
今の段階でしたら、かなりゆっくり制作して頂けると思います

まだ迷ってる、、という方がいらっしゃいましたら、是非この機会に。

当日、お会いできるのを楽しみにしています~。版画教室当日は、すこぉし
ですが、作品も見ていただけるようにといろいろ企んでいる山路でした。
(とはいえ、たぶんそんな企んでいるほどの余裕は無いですが。。。。
凛の会のメンバーの森です。本日もメンバーの柿崎さん
ドライポイントの作品をご紹介します。

kaki_0805_04.jpg

kaki_0805_03.jpg


ドライポイントという技法は、銅板に直接ニードルや釘状のもので
描く技法です。エッチングやアクアチントなどの技法は銅板を腐蝕させて
版を作るので腐蝕液が必要になりますが、ドライポイントでは
腐蝕液を使いません。直接線などを銅板に描くので、少しぎこちない
線になりやすいです。でも刷った時には独特のにじみのような線になり、
味わいが出ます。
こんばんは、凛の会のメンバーの森祐子です。
今日は5月24日の第一回ワークショップでやる、
ドライポイントという技法で制作したメンバーの作品を
ご紹介します。本日は普段からドライポイントで製作をしている
柿崎かずみさんの作品をご紹介します。

kaki_0805_1.jpg


kaki_0805_2.jpg


画像をクリックすると大きく見ることが出来ますので、
ドライポイントの味わいをお楽しみ下さいね。



銀座のギャラリー、「Pepper'sGallery」 主催の 『Artists' Prints』に参加します。
第一弾は、5/26~5/31まで、ペッパーズギャラリーにて。
6月、7月は、青山のカフェ、新宿の紀伊國屋書店へと続きます。(DM出来次第お知らせします)
様々な技法による版画作品を各会場で展示するプロジェクト。
宜しくお願いします。     江川渡子  www.babette.jp
artistsprint-c3.jpgartistsprint3.jpgpeppers-map3.jpg
版画教室初回まで、あと2週間を切りました。まだまだご予約には空きがございますので、是非是非!興味がある方、質問その他も掲示板やrinnokai@www.pinochika.com宛てにお気軽にご連絡くださいませ。

ringaku私たち凜のメンバーも久しぶりの版画教室に、少し緊張しつつ準備を進めています。やっぱり初めが肝心ですからね(笑)

そんな中、初回の企画用の小さな小さな額縁たちが手元に届きました!

今回は、それぞれにいろいろな形、いろいろな枠で作って頂いていますので、当日にお越しいただいた際に好きな額を選んで制作して頂けます。
大きい(といっても、マッチ箱くらい、、ですかね)画面サイズの物から、この写真にあるみたいな、木枠は大きいけど画面はほそ~い、なんていうものまで様々です。

この額縁を選んで頂くだけでもかなり楽しいんじゃないかな、なんて思います。

もちろん、作って頂くのはこの額用の作品だけではありません!(このサイズだと、ホント、選んだ額によっては物足りない方はものすごく物足りないことになってしまいますんで

もちろん、ちゃんと大きな作品も作って頂けますよ☆こちらの材料もばっちり準備中です。はがきサイズに納まる13cm×7.5cmの版です。
私たちも、今まで何度か版画教室を開いてきて、このサイズに描かれる皆さんの作品が本当に素敵で、とっても楽しみなんです。

思いもよらない発見があったりとか、自由に描いてもらうのって、教える私たちもとっても楽しいです。

doita

お教室当日までにもう少し、版画についての説明なんかも出来たら良いな、って思います。
 
あ、ちなみにこちらがきらきらまだ何も描かれていない銅板です。

そんな訳で、あと少し、着々と準備をすすめる、初回担当、山路でした。

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。