Tシャツサンプル作り

ここでは、「Tシャツサンプル作り」 に関する記事を紹介しています。
>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんは。Rinの山路です。次回Tシャツの回の素敵なTが決定し、一安心、、、で、更新が滞ってしまいスミマセン。

そんなわけで、ワタクシ、次回Tシャツのサンプル用に布刷り版画を作りました。せっかくなので、ここで版制作の手順などをば書かせて頂こうかと。

rintまずは、版に何を描くか決める所から。
今回のTシャツに使う版のサイズは8cm×11.5cm。

通常の制作では作品が反転してしまうのを防ぐ為、と、多色刷りの為、版サイズに合わせて下絵を描いてまずはそれをトレースして、反転してからさらに転写をするんですが、今回は一版ですしラフにマジックで形を取って、版に。
こういう形の版作りも楽しいのです。(の、割には思い切った感じに描けないのが私らしくもありますが。。。)


rinT2マジックで描いた部分をニードルで削り、マジックを消して製版完了!
細かく描いていくことも、大きくカタチを取ることも可能ですが、強い線を引くとドライポイント特有の“にじみ”が出来るので、それをうまく生かして制作すると、ドライポイントの良さが出せます。
この写真では、さすがにそこまではちょっと分かりませんが。。。

そんな感じで版が出来たら早速刷ってみます。
今回はTシャツになる為別布に刷ることになるんですが、まずは普通に版画紙に刷って、版の感じや色の感じを見ていきます。

rinT3
Tシャツ用には色を分けて刷る一版多色刷りにしたいので(あ、これは参加する方が必ず一版多色にしなければいけない、という事ではなく、サンプルとしては一版多色でやりたいな、ということです)色分けして順次インクを詰めて行きます。

この辺りのインクの詰め方は、版と、刷りたいものやイメージによって様々。その辺は、参加して是非体験してみて下さい☆


rinT4
寒色系の色の後は、その他の緑やオレンジのインクを詰め、ふき取りも終わった版の状態。

ニードルで削った線が見えてなんとなく刷り上りが分かりますでしょうか??
このふき取りで刷り上がりが全て決まるので、版の制作ももちろん大切なんですが、一版多色刷りではここがかなり大切な部分。

このまま、湿らせた版画紙を上にのせて、プレス機で圧力をかけていざ勝負です(笑)



                rinT5
ゆっくり紙を持ち上げて、どきどきしながら刷り上りです!!
いかがですか??

今回のTシャツ作りではこの後布に刷ったものを加工して、Tシャツにします。

の、ですが、ここから先は、布に刷り上った作品を私よりも布加工の得意なRinの*PUKU*森さんにお預け。

続きの工程は森さんにバトンタッチして近いうちにアップ予定ですので、是非ご覧ください~。
わたしもどういう風に出来るのか楽しみデス☆
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://rinnokai.blog69.fc2.com/tb.php/36-e930b648
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。