版画で作るTシャツ(2)

ここでは、「版画で作るTシャツ(2)」 に関する記事を紹介しています。
>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回はもったいぶって唐突に「続く!」なんてしてしまいましたが、写真が多いので分けて書くことにしたのでした。今回も「版画で作るTシャツの回」のワークショップのご報告です。
引き続き、森です。

0907_20_05.jpg前回にカラーのインクを詰めていたのはFさんの作品。このあと色を乗せた版から余計なインクを落とします。寒冷紗、ロール紙(電話帳)、人絹(裏地)などを使って線に詰めたインクを上手く残しながら拭き取ります。そしていよいよプレス機にかけ、湿らせた紙に刷ります。そして刷り上がりはこのようになりました。
左の写真は、最初に黒インクで刷った作品と、次にカラーのインクで刷った作品。
同じ版を使っていますが、印象が随分違いますよね。
黒のインクはどの色よりも明るさ・暗さの幅は出るのですが、かなり線がくっきりしてしまいます。ごまかしの効かない色とも言えます。
色のインクで刷ると、線を弱めたい所に明るい色(黄色など)を置き、はっきりと見せたいところにもう少し強い色を持ってくることによって、版に手を加えなくても強弱を出すことが出来ます。

0907_20_06.jpgさあ、紙に素敵な作品が刷れたので、ここでもう終わり!といきたいところですが、今回はこの後に布で刷るという作業が待っています。色が決まったら、もう一度版にインクを詰め、拭き取ります。そしてプレス機に版を置くところまでは紙に刷るのと一緒。この後生地(目の細かい薄手の木綿の生地を使いました)を水に濡らして版の上に置いて、その上にクッションになるように紙を置いて、いよいよ圧をかけて刷りました!
…さあどんな感じかな?
左側の作品は、今回初めて銅版画に挑戦したFさんの作品。左側の作品は、今回初めて銅版画に挑戦したFさんの作品。
濡れた布に刷ったものなので、透けてますね。とっても雰囲気のある女性が刷れました。ローズカラーに白系の色も入れて、かなりカラフルなのですが、統一感がある作品となりました。
銅版画を布に刷ると、どうしても紙に刷るよりもインクが薄く出てしまいます。紙よりも目が粗いのでこうなるのでしょう。紙に刷った時に「ちょっと濃すぎかな…」と思っても、案外と布に刷ったら調度良い、ということもあります。

0907_20_08.jpg
それから今度はこの版画をTシャツに貼るという作業が待っています。
まずはある程度乾いた布刷りの銅版画を、アイロンでしっかりと乾かします。これで多少触った程度では擦れてしまうことはなくなります。
(でも完全にインクが乾いているという訳ではないので、一週間ぐらいはインクの部分をこすらないようにしましょう。)
それから好みのサイズに布を切って、Tシャツの上にあちこち置いて、貼りつける位置を決めます。
そして決まったら、版画と同じサイズに切った両面接着芯を版画とTシャツの間にはさんで、アイロンをしっかりとかけます。そしていよいよ出来上がり!!
今回は小型の手芸用のアイロンを使いましたが、しっかりとスチームアイロンをかけた方が洗濯しても取れなくて安心です。

それからお洗濯に関してのご注意です。
お洗濯は中性洗剤を使って手洗いでお願いします。脱水は30秒もすれば十分。
銅版画のインクは油性なので、にじんだりするということはありません。
だけど洗濯機で普通に洗ってしまうと、版画の生地がほつれてしまうかもしれないので、ご注意下さい。

ご参加のみなさまの作品は、次回にご紹介です。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://rinnokai.blog69.fc2.com/tb.php/42-c3533795
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。