Rin

版画の会、Rinのおしらせと活動日記。 版画教室の情報も随時更新中です。
>
無題ドキュメント

                  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


こちらのイベントはお申し込みフォームから受け付けをしています。お名前、ご連絡先をご登録いただいて予約していただきますと24時間以内に担当者より連絡をさせていただいてご予約の完了となり、参加費は当日に頂きます。

もしくはrinnokai@gmail.com宛にご希望のワークショップの日時・ご氏名・お電話番号をメールにてお知らせ下さい。

折り返し担当者からご連絡をさせていただいて、ご予約の完了となります。

当日の参加に関しましてはご予約の方優先になりますので、当日お越し頂くことが確実な場合はご予約をお勧めいたします。



●ワークショップ参加作家URL ●



江川渡子『Babette 』
山路絵子『雲の上のアトリエ』
森祐子『*PUKU* 』
ラジコン★つばさ号『シュシュ作りましょ♪』



協賛:株式会社理想ベック





赤レンガ倉庫には車・電車・バス・船でお越しいただけます。
詳しいアクセスの方法はこちら



当日制作予定のサンプルなどに関しても、随時こちらの記事にアップ予定です。
どうぞお楽しみに☆


人気ブログランキングへ  

前回の記事でもったいぶった書き方を致しました、Rin出張ワークショップのお知らせです
Chips@赤レンガ倉庫というイベント内でワークショップを行います。
今回のワークショップはChipsというイベントの中でのものという事もあり、版画という事にこだわらずに、いつものワークショップよりも軽い気持ちで楽しんで頂ける様な企画をご用意しました。
     chips

Rinのイベントは以下のとおりです。

11月10日(火)
午前の部11:00~
午後の部3:00~  両方開催

UV樹脂のアクセサリー(ストラップorペンダント)

Rinメンバーのオリジナルイラスト、スパンコールや押し花などの材料を組み合わせて世界に一つだけの樹脂アクセサリーを作ります。
●参加費 2500円(材料費混み)
●対象人数1回につき3人~6人

11月11日(水)
午前の部11:00~
午後の部3:00~  両方開催

石膏版画で作る布ワッペン
石膏を削って版を作り、それを布に刷ります。出来た作品はオリジナルのワッペンに加工しますので、
チェーンをつけてバックチャームやストラップにも出来ます。
協賛・株式会社理想ベック
●参加費 2000円(材料費混み)
●対象人数1回につき 5人~8人

11月12日(木)
午前の部 午前11時~
午後の部 午後3時~ 両方開催

手作りシュシュ&シュシュのデコ レーション

こちらで用意をした生地を選んでいただき、手縫いでプレーンなシュシュを作り、そのシュシュにお好みのアクセサリーパーツを縫い付けてもらって、世界に一つだけのオリジナルのゴージャスなシュシュを作ります。
また、手縫いが出来ない・苦手な方用に完成品のシュシュも用意していますので、お好きな物を選んでいただいて、シュシュにアクセサリーパーツをデコレーションするだけでも楽しめます。
最終的に一人2つのシュシュを持って帰っていただけます。
●1800円
●対象人数1回につき 5人~8人

こちらのイベントは全てRinのお申し込みフォームからも受けつけをしています。
通常のお申し込みと違い、参加費に関しては、お振込みではなく当日頂く形になります。
お申し込みフォームもしくはrinnokai@gmail.com宛に直接ご連絡をお願い致します

いつものRinの版画教室とは一味違ったワークショップ、是非是非、遊びにいらして下さい♪

人気ブログランキングへ  


前回の更新からお時間が経ってしまいましたが、アクセサリーの回、完結編です。こんな台風の日ですが、、まぁ、インドア日和、って事でお付き合いください。

ということで、皆さんが作った作品たちですキラキラY
acce_all

右の2点が、お教室内で見事完成した2作品。そして、左の4点が惜しくも完成に至らず、ワタクシが自宅に持ち帰り、手直しさせて頂いた作品たちです。とはいえ、手直し、と、言っても、固化が甘い為に樹脂が波打っていたり、凸凹になっているものを平らになるように直しただけなので、デザインその他は基本的には参加した方のオリジナルですようるうる
皆さんそれぞれに個性的な作品で、身に付けるものだと尚のこと、こういうものが作りたいというのが明確になるのかもしれないですね。

丸や四角のシンプルなデザインでも、アクセサリーとして十分にかわいいものになって、普段の版画教室とはまた一味違った作品たちになりました。
acce_one
せっかくなので、早速出来あがったペンダントを着けてもらいました~
こんな感じで、遅れて手元に届いた皆さんも着用していて下さったら本当にうれしいです。

自分が作ったペンダントをして自慢する、と言うのもなかなか乙なものではないかな、と、思うので。。。アップロードファイル

さてさて、そんな訳でアクセサリーの回、皆さんとっても素敵な作品を作って頂き、ありがとうございました!!
次回は年の瀬に向けて、年賀状(クリスマスカード)作りです年賀はがきをお持ち頂ければ、直接はがきに刷る事も可能ですよ~。

更に更に。11月には赤レンガ倉庫にて出張Rinワークショップをする事が決定いたしました~ナイス詳細は、次回記事にてアップ予定です。
出来るだけ早く更新しますので、今暫くお待ちくださいませませ。

人気ブログランキングへ  

大変大変遅くなりましたが、前回、アクセサリー制作の回のご報告おば。
ちなみに、前回は9月13日の開催でした。気が付けば目前に10月が迫ってきていたりする昨今、、、更新が遅くなりましたが、良かったらお付き合いくださいませにこ

ちなみに、前回は参加者6名。普段は子供の絵画教室を開いている久我山美術さんが、大人9名が入ると(講師入れて)結構いっぱいに感じられました。
そんな訳で、みなさん、きちんと席についてからお教室スタートです!
         pend1

今回は、ドライポイントで版画を刷ってからそれをペンダントに加工するというちょっと工程の多いもの。
版画初体験の方と、リピーターさんと分けて説明をしました。(版画初体験の方々は少し大変だったかもしれません

pend2まずは早速版画作品作りから。
みなさん、ご自分で用意してきた資料や下絵を元に、着々と作業を進めていきます。頼もしい(笑)

こんな風にしたいんだけど。。。とか、これかこれのどちらかを作りたいな、、、なんていう風にいろいろと夢が膨らむ一番楽しい時間です。(わたしが普段制作する時も、この時点では壮大なものだったりするんですけどね。。。泣く



pend3
それはさておき、版が出来たら早速刷り始めます。なにせ時間がありませんから

ゴム手袋をしてそれぞれお好みのインクを詰めていきます。皆さん、初めてなのになかなか手馴れた様子でどんどんインクを乗せていらっしゃいました。(結構、初めての場合苦手な人は苦手なんですよ、この作業が)

その後、寒冷紗という目の粗い布(写真の中のレースのようにも見える、ふわっとした布達です)でインクをふき取っていきます。



pend4 pend5






















初めての刷りあがりに、皆さんドキドキです。その後、出来上がった作品は板に貼って乾かします~。

さて、そんな風にしてやっとこさ出来あがった作品たち。乾いたら樹脂のペンダントに加工しますキラキラ
      pend6
まずは、樹脂シートに出来あがった作品を貼り付け、感光します。
実はこの樹脂シートは1日で樹脂加工をするための秘密兵器。まだ乾いていないインクが樹脂によって流れてしまうのを防ぎます。ちなみに、右の写真は日サロ状態の樹脂たち。紫外線によって固化を促しています。

pend7
樹脂シートで加工したら、加工した作品をまずはパーツにはめ込みます。
今回は、皆さんパーツ全面に作品が入るように制作されていました。


そして樹脂シートで加工した作品がパーツ金具に接着できたら、その後はUV樹脂で加工していきます。写真でボンドのように上から注入されているのがUV樹脂です。
この樹脂も先ほどの日サロマシーンで固化されます。



pend8
樹脂で固めて、スパンコールやドライフラワーなどのパーツをのせ、また樹脂で固める、の繰り返し。
楊枝で気泡が入らないように、丁寧に仕上げて行きます。

実は、今回のお教室では、樹脂の固化に時間が掛かってしまい、何人かの作品は手直しをして後日郵送する形で対応させて頂く事に・・・・顔文字1(背景黒用)

そんな訳でちょいと一波乱のアクセサリーの回でしたが、完成された作品たちは次回ブログにてご紹介いたします~おんぷ(こんなに遅い更新のくせに、まだ待たせやがるのか、とか言わないよーに。。)
暑い暑いと言っていたTシャツ作りから、気が付けばもうすっかり秋。

大変大変ご無沙汰してしまい、申し訳ありません。次回講師の山路です。
そして、9月のアクセサリー作りの回、こちらも気が付けば間近に迫っております。
現在少しずつお申し込みを頂いている状態ですので、ご希望の方、お早目のご予約を!

とはいえ、版画だって初めてなのに、更にアクセサリーを作るって言っても。。。なんていう方もいらっしゃる事でしょう。初めてお越し頂いた方々、皆さん少なからずや自分で出来るだろうか、という不安をお持ちのようです。

patu
今回は、版画の部分はとても小さなものになります。右図が今回使用するパーツのサイズになりますので、その中に納まるように作品を作ることになります。

なので、絵はちょっと苦手なんだけど。。。なんていう方は文字やマークなんかをデザインしてもなかなかかっこいいですよ。(上記サンプル写真の1点は、江川さんが英語の文字をデザインしたものです
更に版画で描いたものに、スパンコールやレース等等様々な素材をプラスする事で、より幅の広いアレンジが可能です
一緒に樹脂に封入したいもの、是非探してみて下さい。(ちなみにですが、乾燥しているものでないと樹脂が固まらないので、生ものはです。例えば、生花は駄目ですが、ドライフラワーならOKといった感じ)もちろん、こちらでも多少の用意はさせて頂きます。

当日、皆さんの素敵な作品と出会えるのを楽しみにしています☆

人気ブログランキングへ  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。